クリックで救える命がある。

2009年05月19日

エルバート・ハバードのことば

家から出るときは、いつでもあごを引いて頭をまっすぐに立て、できるかぎり大きく呼吸をすること。

日光を吸い込むのだ。友人には笑顔をもって接し、握手には心をこめる。

誤解される心配などはせず、敵のことに心をわずらわさない。

やりたいことをしっかりと心の中で決める。そして、まっしぐらに目標に向かって突進する。

大きなすばらしいことをやりとげたいと考え、それをたえず念頭におく。すると、月日のたつにしたがって、

いつのまにか、念願を達成するのに必要な機会が自分の手のなかににぎられていることに気がつくだろう。

あたかもサンゴ虫が潮流から養分を摂取するようなものである。

また、有能で真面目で、他人の役に立つ人物になることを心がけ、それを常に忘れないでいる。

すると、日のたつにしたがって、そのような人物になって行く…

心の働きは至妙なものである。正しい精神状態、すなわち勇気、率直、明朗さをつねに持ちつづけること。

正しい精神状態はすぐれた創造力をそなえている。

すべての物事は願望から生まれ、心からの願いはすべてかなえられる。

人間は、心がけたとおりになるものである。

あごを引いて頭をまっすぐに立てよう。

神となるための前段階――それが人間なのだ。

posted by しっぺ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

新型インフルの猛威

本日の気分により聴いている曲:Sweetness(Jimmy Eat World)



GW付近から話題の新型インフルエンザ。

今朝まで正直な所‘我関せず’という態度だった(笑)

しかし、今朝事態は一変!(ちょっと大げさかな)


新型インフルエンザの急速な拡大により、

我が研究室でも本日午後予定していたゼミが急遽中止となった。

また、今日3限の講義も担当講師がインフルの影響を鑑みて休講となった。


従って、本日は予期せぬ休日なり。

二級建築士の勉強しないと。



posted by しっぺ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

二級建築士試験の受験動機

何事にも落胆しない―あくまでやり続ける―決して断念しない。
この三つが大体において成功者のモットーである。
もちろん意気消沈する時はあるが、要はそれを乗り越えることだ。
これさえできれば、世界はあなたのものだ。
(デール・カーネギー)




後輩に教える立場になって改めて実感したことであるが、

大学4年間建築について様々なことを学んだにもかかわらず、

建築についての知識が情けないほど乏しすぎる。

建築について語って下さいと言われたら、1時間も話すことが出来ないだろう。

これでは仮にも建築を学んでいる人間としてあまりにも恥ずかしいので、

今年の3月末に二級建築士の資格を取ることを決意。

目的はあくまでも知識の習得であり、資格は確認テストと考えてオマケ。


7月5日にまず学科試験があり、合格者は9月13日に設計製図試験を受ける。

二つの試験を共に合格してはじめて、二級建築士の資格を得られる。

建築士試験対策のテキストは既に手元に揃っているので、後はやるのみ。


第一関門である学科試験まで残すところ約2ヶ月。

約2ヵ月後に両親・友人たち・知り合いの方々・御世話になっている方々・読者の皆様方に、

一発合格の報告が出来るよう勉学に励みます。


posted by しっぺ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。