クリックで救える命がある。

2009年05月02日

忌まわしい規律

昭和の日であった29日とゴールデンウィークとの間日?(こんな日本語あるのか?)

4月最終日と5月頭の木曜と金曜の二日間。

普通に平日である。


本前期では木曜は授業がないが、金曜は1限だけある。

そこで、木曜は授業がない為、この日は行く気がおこらず休んだ。

翌日金曜は起きるのが遅かった…。携帯を見ると8時。通学時間は約2時間。

つまり1限のみの日に1限がもはや間に合わない事実を突きつけられ、

思わず体勢を変えて再び布団の中へ…。



我が研究室では、基本的に平日毎日来るようにという規律がある。

たとえ授業がなくとも各々の研究を進めるようにという考えらしい。

大変素晴らしい考えだと思うが、

気分的に研究室に行くのが億劫な日だってある。

研究室に行けない(行かないやけど笑)理由を連絡しなかったからといって、
(というかなんでいちいち連絡しないといけないのか!?)

いちいち連絡してくるのはどうかと思う。

大学院生ですよ。もはや小学生や中学生ではないんだ。

正直ほっといてくれって感じだ。


連絡メールは本当に気分が滅入るから、休む理由いろいろ考えとこ。

posted by しっぺ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118444871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。