クリックで救える命がある。

2009年05月20日

問題集の作成における必須事項

今や二級建築士試験の勉強をいい加減本腰入れてしないといけない時期。

そこで過去問をやろうということで、3月末頃に購入した過去問集を広げた。

購入時にもかなり気になっていたが、この過去問集は

平成20年の問題と解説
平成19年の問題と解説
    ・
    ・
平成15年の問題と解説
平成14年の問題と解説

という構成になっている。

この構成だと勉強するのに非常にやりづらい!

解説だけを読むなら詳細に解説してあり全くもって問題ないが、

問題を確認するのにページをペラペラめくらないといけない。

この作業をなくす為に、問題と解説を分離できる問題集にするのはもはや常識でしょう。

どうしてこの構成だと勉強しづらいということが作成者は分かっていないのか、不思議でしょうがない。

仕方がないので、全年度の問題ページと解説ページをカッターで分離したパンチ



分野を問わず、市販の問題集を作成される方々へ告ぐ。

どんなに内容が素晴らしい問題集であっても、

問題と解説が分離できる問題集でなければ論外である。

posted by しっぺ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119901321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。